2012/07/18

主権と領域 (尖閣諸島問題)


以下の論点について。
予備校や学校などの教育関係者にいくら訊こうが、誰かの書いた参考書や行政書士のくだらない注釈書あたりをとんとんと指でつついて、それでおしまいになってしまう。
そんな連中から独創的な見解などとても出てきそうもないし、基本的な理念すら期待出来そうもないのだが、一方で僕自身の少し長期的な勉強課題としつつ、ここにもちらっと記しておく。

(大学の教授くらいになれば、以下のような論点に対してちゃんとコメント出来るものだろうか?
変な代議士に黙殺されなければ、いいんだけどね。)

(1) 国家の主権
日本国憲法を解釈する限り、主権 (sovereignty) の重要な存立支柱は;
対外的な independence、内部におけるgovernance、そして国民自身による排他的なdecision-making。
と、まあ、英語表現にすると(いや、戻すと)、じつに論理的に意義が伝わってくるねぇ。

これらいずれの存立事由をとるにせよ、主権はもちろん実践されてこそ初めて主権となる。
実践するためには、誰が(=国民自身が)はもちろんのこと、「どこで」 「どこまで」 も事前に定義がなければならないのでは?
当然のこと、「どこで」「どこまで」 は最小限に解釈しても「国家の領域」であろう。
だから、主権は必ず領域に則っていなければならないのではないですか?

※ 「領土高権」 なる捉え方があり、それに拠れば主権の governance  は 「どこで=領域内にて」 と見做し得るそうな。


(2)さて。
中国の侵略チームによる我が日本の尖閣諸島侵略、あるいは韓国の侵略チームによる竹島侵略について。
もちろん尖閣はこのまま静観していれば取られるし、次は沖縄、となるだろうし。
同じ理由で、竹島だって二度と帰ってこない。
したがい領海も変わる。
わが日本の主権確保のためにも、彼らを撃つか、あるいは彼らの総元締めと戦わなければならない。

いやいや、尖閣諸島くらい放棄してもよいだろう、という官僚や左翼も居るようだが、この発想は領域の放棄、よって主権の放棄。
ゆえに憲法違反そのものを導くものである!

いやいや、日本国憲法は自然法じゃなくて実定法として判断すれば、なんでも文言解釈次第で協議や改編が出来る、とか。
まあ、そんな議論だってありうるが、それにしたって主権そのものが欠落させられようとしているんでしょう?
そうはいっても、実際に憲法9条の縛りがあるので武力行使は出来ない…
…という先生方が居らっしゃるが、領域が脅かされている現状は、9条どころか憲法そのもの根源である 「主権そのもの」 の喪失危機に突入しているのである。


(3) 尤も、台湾や中国の諸勢力および侵略チームが統一された意思決定主体であるとは考えにくい。
なぜなら、どうも彼らは主権と領域を別個のバラバラに捉えているように見受けられるため。
彼らに戦時と平時の区別すらないように見受けられるのも、彼らが主権と領域をバラバラに考えているからでしょう?
呼応して「尖閣や竹島なんか、あげちゃえよ」 と言っている官僚や左翼も、きっと同じ。
それが移動型民族というものですよ、と社会学で解説してみたところで、主権と領域を一体として捉える我々には何の救いにもならない。

ただ、我々は主権を守ると主張しつつ、中国チーム(および左翼チーム)の総元締めをちゃんと見極め続けていけば、まだトータルな議論の余地が残されている、と信じたい。
主権と領域を別個に捉える彼らと、主権に領域を含める日本は、「全面戦争」にはきっと発展しない。

では韓国チームはどうか。
中国チームよりは主権と領域について鋭敏じゃないかな…と期待したいけれど、でもそうは考えていない人たちもうろうろしているようで。
ただ、韓国チームが日本と全面戦争をする意思は、もっと小さい。
だって日本の産業が矮小化すればするほど彼らのダメージが広がる一方であって、そんなこと彼らは我々以上に分かっているから。

ともあれ。
憲法の根幹が主権にあり、主権の実践には領域が不可欠、と強引に突いていけば、或いは戦っていけば、我々はもっと強圧的に侵略チームを押し返すことが出来ようもの。

さあ、どこか狂っていますか?

2012/07/07

銀河のビリヤード


ある特定の光、エネルギー、そのスピードとその配置。
感受することの出来るのは、限られた人々だけ。

つまり…特定の連中だけの特殊な能力、なのだろうか?

逆だよ、逆。
本来はあらゆる生命が、あらゆる光やエネルギーを感受していたはず。
だが一方で、それらを感受出来ない種族もいて、そいつらは自らに明らかなものだけを何とか他者と共有はかってきた。
だから何でも記号化し、数量化し、言語化し、概念化してきたわけさ。
そうやって、言語化や概念化が進むとともに、それに適合した人たちが時代とともに増えていく。

そう、…その結果としての、我々人類なんだよね。

うーむ。
きっと、そうに違いないね、なんだか哀しい進化論だけどさ。
進化論というよりは、退化論だなぁ。
でも、哀しいってことはないだろう、事実を何でも客観化してこそ、今の我々の技術文明があるんだ。

 …と、まあ、こんな具合に、ロケット乗組員の男たちが談笑していた。



そのとき、ある星座が、かすかに変わった。
乗組員で一番年下の青年が、確かにそれに気づいた。
そこで、急いで皆に伝えようとした。
「おい、おまえよ」 と、同僚たちが呆れた声を挙げた。

「一人で訳の分からないことを言うな。さぁ、航行データの集計に取りかかれ!」


さて。
そのとき、別のロケットに搭乗していた観測員の娘も、その星座の変動に気づいた。
「何かが、変わったみたい…」
「あなた、疲れてるんじゃないの?」 と同僚の女性が笑った。

「それより通信系の精度確認しっかり頼むわね、ノイズ発生率は常に最小限に抑えないと」



かくして。
2機のロケットは互いに認知することもなく、遥か彼方をすごいスピードですれ違い、そのまま銀河の彼方へと飛び去って行くのだった。


(おわり)

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本