2012/10/25

男子は殴ってやればよい (アハハハ)

① 男子たるもの、一度や二度くらいは思いっきり痛い目に合った方がよい、と思っている。
理由は、在る程度の緊張感、恐怖心、スリルがあってこその、男の生き甲斐だからである。
サァ、これから思いきりブン殴ってやる!
気絶するかもしれないし、入院するかもしれん、でも、怨むなよ、みんなこうやって一人前になったんだぞ…
うーむ、いい世界観だ。
そんなの日本の悪しき封建主義だ ─ なんていう、その感覚がそもそも馬鹿、というか、古い、というか、非合理的。
だってさぁ、欧米なんか、みんな伝統的に滅私奉公の封建主義、メッチャクチャな軍国主義と自己犠牲の根性、よくも悪くもそれで世界を動かしてきた。
今だって、そうだろう…だから欧米諸国にはちゃんと軍隊がある。
むしろ、日本の方がすぐに甘ったれて、軟弱になる、と思われる (アジアはのどかなんだよな、もともと。)


もちろん、いつも目下のやつらを殴ってりゃ、そのうちに報復だってあるだろう。
そこに、スリルが有るってんだよ。
たまには、目上のやつを逆にブッ飛ばしてやりゃあいいのね。
相撲をみてみろ、ボクシングをみてみろ。
格下のやつが、格上のやつを容赦なく張り倒してんだろう?
そういう下剋上が許されてこそ、男はいつも緊張感を維持出来る。
そして、それが分かっているからこそ、観客はみなが座布団投げて拍手喝采だ。
今も昔も、変わりなく。
儒教なんか入り込む余地はねぇんだ。
だから日本人のテイストに合っているのかもしれぬ。
それを、どうして否定するのかなぁ?


② 暴力は、集団化し、暴徒化につながるから、よろしくない。
…という意見もあるのは百も承知。
でもね、自分を思いきりブン殴ったりネジ上げたりした奴をね、集団で報復しても面白くないのよ。
親なんかが出てきたら、もっと面白くないに決まっている。
てめぇ一人でカタをつけるところに、男としての誇りがあるわけよ。
いつぞやは、随分と世話になったな、オッサン、さぁ復讐してやる、覚悟しろ!って。

実は、男子はもともと矛盾しているのである。
矛盾しているがゆえに、男らしいといってもいい。
それはどういうことか、といえば ─
本当は男子は女子よりもずっと執念深いし、女子のようにみんな仲良し、大団円、などという世界にはなかなか到らぬもの。
得てして、負けた男は 「本当は俺が勝っていた」 などと死ぬまでウダウダと呟き続ける。
試合のルールが、間違っていたんだ、とか、本調子じゃなかった、とか、ずっとぼやき続けているものだ。
つまり…
男子は自分一人だけで決定的にカタをつけることに極めて拘ってしまうのだ。
チームなんかどうなろうが、部隊が勝とうが負けようが、本当はどうでもいいんだ。
俺さえスカッとすればそれでいいんだ。

と、まあ、どうしたってそういう手前勝手な心性からは逃れられないんだから…男子たるもの、たまには痛い目に合わせてやって、早くそういう男の流儀というかマナーを覚えるべきじゃないか。
「だからこそ」、あえて軍隊が在るのだ。
矛盾、そのもの、と言われても仕方ないのではあるが、軍隊においてこそ、一人ひとりを鍛えつつ、自尊心を活用し集結することが出来る。
もちろん、軍事やスポーツだけじゃない、どんな仕事だろうが、学術分野だろうが文化芸能だろうが、男の悦びなんて自分勝手なもんだ、と考えている。


③ そういうたった一人の、イチかバチかのスリルを知らない男というのは、そりゃあつまらんぞ。
名刺ばっかりバラ撒いてね、やたらと価格交渉や納期交渉の場面にばっかりしゃしゃり出て来てね、信頼がどうしたとか人間関係がこうしたとか、担保されるとかされぬとか、もうもう、実体はなにも分からないくせに半身で事情通ばかり気取ってね。これは、もう…主観的にも客観的にも実存的にも、本当につまらない。
実際、そういう連中は、ほんと、傍からみてもつまらなそーーーな顔してるでしょ?
これではモラルが低下するのも当たり前。
女のモラルはたぶん向上も低下もしないが、男のモラルはぬるま湯では低下する。
そうならないように、時々ブッ飛ばしてやるこそが、男子の教育には絶対に必要だと思っている。

まあ、さすがにボクシングパンチなどで殴ったら大事故に至るおそれもあるから、かるーく地面に押さえつけてバタバタと暴れさせてやるくらいが丁度いいんじゃないの?

以上

2012/10/22

女子は放っておけばよい


今の仕事に移ってから暫くの間、女子学生への学科指導が本当に難しいなと実感した。 
学科指導どころか、ただのアドバイスすらそう簡単ではないということに気づいてしまった。
最近はもう慣れてしまったので、あまり驚かなくなったが…いやいや、それでもやはり時々当惑させされることがある。
それは、どういうことかと言えば。

要するに ─ 女子はちっちゃい頃から既に人生のストーリーの大筋がもう出来上がっていて、それを局面や経緯に沿って具体的に展開しているのである(あろう)。
だから、外部要因による刺激や誘導が、じつに困難。
成るようにしか、成らん。

古代、中世から近代にかけて、世界の知識や学術は、成るようにしか成らぬもの 『ナトゥーラ』 から、意図によって変え得るもの 『アルス』 へと編成が進んでいったとされる。
が、これでいけば女子はずーっと 『ナトゥーラ』 のままである。
『 ナトゥーラ』 はすなわち英語の nature であり、mother nature なのであろう、か。

よくは知らないが、(性)染色体は女性がXXの対になっており、このうちXひとつが機能しつつ、もうひとつは全細胞で不活性化しているという。
これでちゃんと生命としてまとまり、人間という種の在り様を決めているとか。
これが正しいとすれば、男性の染色体XYにおけるYはむしろ「余計」な作為を人体に課していることになるそうな。
だから男性の方が人工的で、外部刺激に感応しやすく、しかも無理を続けるから概して早く死ぬ…??


男子というのは自身のストーリーを外部刺激によってダイナミックに再改編させることが可能で、その度に新しい自己を造っていくことが出来る。
そして間違いはすぐに消し去ることも出来るわけだ。
だから 互いに触発したり説得したりといろいろ仕掛け甲斐もあるってもの。
だが、女子には何を言ってもむだむだ。
たぶん、一貫した統一モラルのようなものが頑として在るので、そこから逸脱したものにはきっと聴く耳を持たずにシャットアウトしてしまう。
いや ─ むしろ自分たちこそが世界のモラルの中軸であるかのごとし。
こっちが疲れていたりすると、「先生、頑張って下さい」などと声をかけてくる娘たち。
こういう女子の言動に接して、なんだこのやろう!と思わず怒鳴ってやりたくなったこともあった。
が、しかし彼女たちからすれば、当然の施しということになるらしい。

暫く以前に。
ある娘がなんとか志望校に進学し、それで僕が素っ気なく「あー、よかったね、うんうん」 などと応対してやったら…
この娘が非常に不機嫌になって、 「なんで喜んでくれないんですかッ!?」 と大声をあげたのにはこっちがびっくりした。
最初っから(きっとどこまでも)、皆が祝福しあう素晴らしき世界、というストーリーになっているらしい。
「わかった、わかった、頑張ったよ、うんうん」 と宥めてやったのだが、それでもしばらくの間はずっと不機嫌だった。

ことほど、左様に。
女子はいつも完結しており、完結している以上は外部要因で誘導することもきっと出来ないだろう。
否、もともと誘導などする必要がない ─ まあ敢えていえば、適宜「補正だけ」を施してやれば、あとはほっといても普通のまともな世界に導いてくれる。
そう考えれば、むしろ安心して見守っていればいいのしらん?と気楽にもなる。


ただし、重要なことを最後に付記しておく。
もしも学科指導の相手が女子生徒ばっかりだったら、さぞや、楽しいだろうな……というのは傍から眺めてのこと。
実際には、いつもこちらが娘たちから監視されているような状態。
下手なこと言おうものなら、「この先生はおかしい」 「人間味が無い」 などとヒソヒソ声がおこり、それが公倍数となってこっちを包囲しかねない。
いやぁ、このシチュエーションは本当に辛い。
(だいたい、女ばっかしのパーティとかに行くの、イヤだろ?もう死ぬほどつまんないから。)
だから、担当の生徒たちの過半が男子だと、むしろホッとするんだよね。

以上

2012/10/20

英語教育はどうあるべきか


雑記になってしまうが、以前から考えていたことを随時とりまとめて記しておくことも本ブログの目的のひとつなので、書いてみよう。

英語教育の意義について、以下に分解しつつ、箇条書き。

======================================

① アカデミズムのための英語

まず、アカデミックな分野のどこを追求しても、必ず英語に突き当たる。
むろん英語で書かれていないアカデミズムだって世界には(日本にも)たくさん有るに決まっているが、しかし教育で ─ つまり大学受験まで、あるいは受験後 ─ 課されるアカデミックな主題は英語で記されたものがとてつもなく多い。

たとえばアカデミズムを、あえて論理学、理科、社会科、文化芸能の4つに大別してみよう。
論理学は、日本ではびっくりするほどに軽視され続けてきた分野のひとつだが、これから(必要か不要かは別にして)世界の人々と意見交換の機会が増えていくのであれば、論理的な思考力の強化はとてつもなく重要。
(いや、数学があるじゃないか、というかもしれないが、現行の数学は記号化と操作効率の技術に留まっていて、論理性の低い人でも数学だけは得意だったりするので、これは除外して考えたい。)
つぎに、理科とはあらゆる認識可能な自然科学から成り、地理も理科といえ、スポーツや軍事ももちろん含まれる。
また社会科は経済、商業会計、法律や条約や代議制などから成る。
また、文化芸能は芸術や大衆文化から成る。

これらの諸分野において、世界の標準とされているテキストを追い求めれば、文化芸能を除き、英語で記されたものが圧倒的に多い。
それどころか ─ 理科や社会科の諸分野の基本コンセプトは、日本語よりも英語で記したものの方が、ずっとずっと分かり易いが、それは理科とか社会科とかいう基幹教養そのものが主として英語で練り上げられ、完成されてきたからに他ならないのではないか。
そのうちに、世界各国の文化芸能も英語のテキストが世界標準となってしまうんじゃなかろうか。

では論理学はどうか、といえば、英語そのものが論理学と断じても差し支えが無いほどにガンジガラメ、隙間も矛盾も反駁も避けるように記し、語ることがマナーとなっており、まあこれも理科や社会科の諸分野を練り上げていく過程で英語という言語がそう進化してしまったと察する。

==================================

② 教養メディアとしての英語

テキストだけには、留まらない。  
メディアとしての英語は、アカデミズム ─ つまり理科や社会科、あるいは文化芸能 - を普及させるための媒体としての機能がきわめて大きい。
もちろんそれは、英語が論理的にガンジガラメの文体、論旨展開であるが所以であることは言うまでもない。
たとえば、世界標準の英語メディア、つまりアメリカの The Wall Street Journal, The New York Times, Newsweek および英国の The Economist などの編集内容を鑑みれば、結果的には90%以上は理科と社会科の記事で占められている。
文化(哲学)の格調の高さが売りのアメリカ誌 TIME でさえも、過半は理科と社会科の素養に則ったコンテンツである。
だから、ガンジガラメの論旨構成で記されているのは当然であり、映像音声のABC でも BBC でも同じようなもので、理科や社会科、あるいは文化芸能の素養が有ると無いとでは理解度が全然違ってしまう。

で、思い返すのであるが。
東大・京大~早慶にいたる大学受験のスタンダードを省みれば、上記の世界標準英語を引用したものが少なからず出題されている事実に行き着く。
東京外国語大学でも、社会科の基礎教養としての英語が徹底的に問われ続けているし、論理性という英語の基本線からすれば東京芸術大学の出題であっても実に論理的に硬質である。
だから、これら大学の出題する英語では、やはり主として理科・社会科の基礎素養が問われ続けている。

(時々、実に不真面目な英語入試問題を出題する学校があって、たとえば上記メディアの英語の文字数が多いからと故意に段落を省き、時間調整=つまりは難度調整を図って出題しているわけだが、これは理科や社会科や文化芸能の基礎素養そのものを否定する暴挙ともいえ、まったく許せない。
それを嘲笑している積もりなのか、東大の英語で 「削除しても影響の無い文章を選べ」 という出題がなされているのはなかなか痛快ではある。)

=========================================

③ 事業供給者のための英語

では、上述のアカデミズムや標準メディアはそもそも何のために在り、さらには如何に活用されるべきか ─ と次に考えちゃう。
すると、どうも 「事業供給者の知力の源泉」 ともいえるのではないか、と一通りの考えにいきつく。
そもそも、いかなる分野においても、すぐれた事業供給者となるためには理科か社会科か文化芸能の原理原則を理解し、自在に応用し、製品として一般化し普遍化し、市場を拡大させなければならない。
だからこそ、英語が必要、となる。
基礎素養としての理科や社会科や文化芸能に大いに通じ、標準英語によってそれらを事業コンテンツとして過不足なく供給するための知力、それこそが英語の必然性である。
そして、それこそが事業供給者に「常に必要になる能力」…と理解したい。
考えてみれば、英語は、科学技術やビジネスや戦争などの 「供給行為」 において発展してきた言語である。
もし事業供給者の言語ではなく、消費者の言語が人類史において一番強かったのなら、中国語やヒンドゥー語や日本語が世界標準語となっていたはずだが、現在まではそうなっていない。

もちろん事業供給者の英語とはいえども、アカデミズムも標準メディアもほとんど関係の無い英語だって、在ることは在る。
たとえば、秘書英語や契約(保険)英語や店頭販売の英語やプログラミング英語など。
が、これらには、アカデミズムなど必要がない。
ひどい言い方にはなるが、理念や理解など無縁の、だから応用や一般化など考慮不要の、条件反射の実務に近い。
パラメータ変更やクライテリア定義さえ仕込めば高校生バイトでもちゃんとこなせるわけで、ゆえに学校での英語教育などまったく不要。

なんだかアグレッシヴな書き方になっているが、これは僕自身の不快な経験則による見識である。

=========================================

④ 日本における英語教育の目的、および今後の英語教育

以上に記してきたことをまとめつつ、日本における英語教育の目的、および未来像について考える。
すると;
(1) 理科や社会科や文化芸能の基礎素養強化がまずありき、ゆえに、それらのなんらかの分野において一定以上の理解習熟を果たした学生に絞り、「アカデミズムとしての英語」 および、「供給者としての英語」 教育を実施する。
そして、そういう学生は17歳くらいからアルファベットの暗記を開始させてもよい、大学入試の英文読解までに2年もあれば十分である。

(2) 大学入試では、東大や京大など教養の中心たるべき大学においてこそ、理科・社会・文化芸能など教養分野別の英語を徹底すべし。
一方、ほぼ全大学・学部で現在まで出題し続けている雑学クイズみたいな英文読解は、アカデミズムにも産業供給力にも貢献しないので、もう廃止すべきである。

(3) 英語教員も英語の授業コマも、とにかく多過ぎる、理科も社会も文化芸能も素養が無いのなら英語を説いたってしょうがないだろう…と、いうか、いったい何を説くのだろうか?
学校教員の雇用のためか、年間通じての授業カリキュラム数を稼ぐためか、つまらない官僚の天下り先確保のためか。
まあ、なんでもいいけど多過ぎるんだよ、こんな無為なことにカネ使ってるから英米から嗤われ続けるんだね。

(4) 残された問題は、「消費者のための英語」をどうするか、だが、消費者としての日本人が本当に英語が必要かどうか、甚だ疑わしい。
もちろん、立派な消費者であるわれわれ日本人のために、諸外国のやつらが頭をさげながら日本語を必死に勉強してくるからである。
それが世界というもの。


以上

2012/10/03

どうしてチャイナ?




もう10年来の疑問、社会人生活を通じて、ずーーっと理解出来ぬままの大きな問題。
いったい 「どうして、日本人に中国が絶対に必要」 なのだろうか?

これは本当につくづく異様なのだが、まあ特定の投機筋に洗脳されたのか何か知らないが、とにかく中国というと MUST だと言い切る人たちがいて、それもものすごく執拗に凝り固まっている。
なんだか、特定の世代に多いような気もするが、ともあれおかしな人たちはさておき、中国との関係は経済の(おそらく経済学の)最大の問題だと思われる。
が、あえて整理すると、以下の理解に還元されうると思う。

=============================================

① 中国はわが日本の隣国なのだから、とにかく仲良くしなければ極東地域の強化が出来ないのでは?

…そんなことはないでしょう。
だいたい、経済哲学が違い、文明哲学そのものが違うからこそ、古代から彼我の国が分かれたままなのでしょう?
それに、隣国であるという 地理的な近接性は、いまや友好関係の十分条件どころか必要条件でさえもない。
地理的な近接性のメリットは、商材の輸送費が相対的に安いということだけ。
逆に訊きたいが、輸送費が最優先に考慮さるべき商材とは何か?
そして、そういった商材の輸送費は、中国との輸出入による場合と、(たとえば)オーストラリアとの輸出入による場合と、どれくらい違うのか?

なによりも。
「仲良くしなければ、戦争なのか?」 という二分法が幼稚。
以前にも記したとおり、少なくとも三分法以上で場合分けをしなければ、現実的な意思決定とはいえない。
「仲よくする」 「付かず離れず」 「ケンカ」 といった具合に。
「付かず離れず」 が彼らと我々ともに地域安定に望ましいのなら、当然それが最有力オプション。


=============================================

② 中国と取引をすることで、日本人の 「知性・産業力」 も向上するのではないか?

…これは、おそらくまともに実例をあげて肯定出来る日本人はいないだろうし、欧米人にもきっと居ない。
日本のマスコミは中国資本が大きく入っている ─ かもしれず、だから中国人視聴者が喜ぶような放送番組を制作しているかもしれない。
どうもそういうのは信用出来ないので、主要な英米の週刊誌の中国特集の類も読んでみたりする、が、中国が世界をリードする(し得る)技術産業について見かけたことは一度もない。
で、中国でこれからどんな技術産業が伸び、我々日本にとってどんなメリットがあるのか、と自称・中国通の人々に訊くと、みな一様に口をつぐむところがもう滑稽なくらいである。

ともあれ、日本人の知性や産業力の向上に寄与しないのであれば、中国と取引をする必然がない。

============================================

③ 中国はレアアースほか天然資源を多大に抱えているが、対中関係が悪化したらそういう天然資源を入手できない?

…あのですね、そんな簡単に 「日本に提供する」 「やっぱりやめる」 などと中国の意思決定がホイホイ変わるような素材だとしたら ─ つまりそんな程度の低廉な素材だとしたら、 もう買うのやめちゃえって。
本当に技術産業にとって重大な価値のあるレアアースなら、そもそも当の中国がとっくに優秀な技術産業を育んでいるはず。
じっさいに中国側によってそういう実証がなされてから(もし本当にそうなったとして)、中国とレアアースの需給にかかる契約を結ぶ方が、技術的(知的)付加価値もありずっと得策である。
なんで 「資源として」 最初っから我々が買ってやらないかんのか、さっぱり理解できない。

実際、もっと技術産業に即した資源・資材の研究開発は日本初め先進国でこれからも続くし、「素材は国家なり」でも抽出したように既に活用が実現化しつつある。
石油への依存度をどんどん下げつつ、日本の技術産業が世界一になったように。

=============================================

④ 中国は巨大な消費者の市場であるが、このまま関係が悪化したらその巨大市場を日本は失うことになるんじゃないか?

…なに言ってんだか。
貿易のパートナーとして、相手の 「消費購買力のみ」 を期待していたのがアホだったのね。
中国が本当の貿易パートナーなら、中国からも我々日本人の消費購買力を向上させる技術産業、製品をどんどん提供してくれなければおかしい。
で、じっさい、中国は我々にどんな技術、どんな製品を提供してくれた?
我々は中国によって、福利厚生がどれだけ向上したっていうのか?

そもそも、我々の相手が 「巨大な」 ロシアやインドやインドネシアやカナダやブラジルでは、どうしていけないのか?

だいいち、中国は「本当に」巨大な消費市場といえるのかどうか?
中国に巨大に存在する農村部など酷い貧困層/被搾取人民の、本当の消費購買力を、どこの誰が公正な数字を把握しているの?
そんなことも調べずに、「中国は大市場である」 なんて、どうして言えるんだか? 

=============================================

⑤ いまや中国があってこその、日本のサービス産業、のはずであり、だから中国との関係が悪化すれば日本のサービス産業の多くが痛手を被るのではないか?

…もちろん、残酷なようだが、「そんな程度」 の、いわば「日銭稼ぎだけの」 程度の低いサービス産業なら、遅かれ早かれ潰れるし、また潰れてもいいやっていう日本人経営者も多いんじゃないかと察する。
そんな程度に過ぎぬサービス産業を延命させるために、日本が中国と取引し続けなければならぬ積極的な理由はない。
それより、日本のサービス産業はもっと日本国内や欧米の実需をちゃんと分析したら? 

============================================

⑥ じっさいに中国に大きな投資をしてしまったのだから、今さら手をひけない?

…これはものすごく低級な拘り、というか馬鹿な幻想。
②により、大きな投資のほとんどは我々の知性にも産業力にも貢献しないとすれば、もともと投資したこと自体が子供の遊びと同じだった。
そんなふざけた投資したやつがアホだった、でおしまい。
もうやめりゃいいんですね。

==========================================

⑦ 中国の低賃金労働に、日本は大きく依存してきたじゃないか?

…それがどうした?
いついかなる時代・局面の、いかなる多国間の貿易においても、どちらかの国の賃金が安く、労働集約性が高い産業に従事しているもの。
それで安い産品を量産して輸出するのも、買ってやる側が居るからであって、当たり前。
このバランスが変わるとすれば、それは自身の産業技術力の切磋琢磨によって変わるにすぎず、そうでなければ、低賃金労働の国も民族もずーーっとそのままなのは当たり前。

==========================================

⑧ 中国にもそれなりの優秀な技術者は居るし、我々にもそれなりの知的収穫が有るはずではないか?

…だから?
そういう中国人と「だけ」つき合えばよい。
ともに切磋琢磨しながら、知性と技量を磨き合えばそれでよし。
尤も、日本の資産を無断で中国共産党だの軍部だのに譲渡出来ぬよう、規制だけは必須。
さらにそういう手先が日本の金融だの教育関係だのに居る ─ かもしれないが、 一緒に取り締まればよし。
あとは、フリー!
優秀な中国人とともに、世界のために頑張ろう!

=========================================
 

⑨ いまや中国は巨大な金融力で世界を牛耳っているが、もし日本と中国の関係が悪化したら、日本は貧しくなるのではないか?

…もう、こういう疑問は低劣の極み、馬鹿。
だってね、カネというのは何度も書いているように量的な 「虚構」 であり、実需とも産業力とも違うんですよ。
産業も技術力もろくすっぽ育まぬまま、自国民のほとんどを無残に搾取しまくって廉価の輸出産品をつくり、それで貯め込んだカネをもって、彼らにどんな市場支配が出来るっていうの?
自身の産業供給力がろくなもんじゃないのに、そんな連中が中心になって世界の需要や供給を牛耳れるわけがない。 
当たり前でしょうが。

じっさい、向こうが自国民を苛め抜いた汚いカネで世界を買い漁るというのなら 
─ つまり、そんな不当な虚構をもって世界市場の需給関係をねじ曲げるというのなら、こちらはもっと不当な虚構の手段に訴えて防衛してやりゃいいんです。
たとえば中国産品の輸入税、あるいは為替決済の手数料を数倍に引き上げてやるとかね。 

残念だが、カネなんてね、そんな程度のゲームなんですよ。
真面目につき合うのはやめましょう。
もっとお互いに実になる需要、供給を追求しましょう ─ 経済の究極の理想形はカネ不要の物々交換なのです。

========================================

⑩ 中国は情報戦が巧みで、欧米にもどんどんコミュニティを展開しているが、これにより日本は不利になる一方なのではないか?

…だから?
もし嘘や虚構にまみれたプロパガンダを欧米人などが本当に信じ込んでいるのなら、欧米企業は日本の技術製品やサービス商品を無条件にボイコットしているはず。
でも、そうはなっていない。
先進国は遊びの世界ではないのです。


以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本