自己紹介

自分の写真
東京都立川市出身、慶應義塾大学卒業、某電機メーカ勤務にてソフトウェアシステムの海外プリセールス等を経て、現在は教育関連に従事

2012/11/23

絶対善と部分悪

とりたてて傑出した知性も、資産も、道徳も無い、そういうささやかな環境条件下でずっと生きてきた僕のような俗人。
消費生活と納税のための人生、まあ、ときどき代議士に意思決定を委任するくらいがせいぜいのところ。 
何かを根底から組み直す知性も無い。
社会関係を一意に組み変えるほどの巨大な資産もあろうはずがない。

…などと考えて、あーあと無気力に陥ることもあるのが多くの社会人だが…いや、それでも前世代から受け継いだ道徳があるじゃないか、という。

====================

そこで道徳とは何だろうかとあらためて考えてみると、それは(あくまで事業に譬えれば)受給双方の合意に基づいた上での売上の拡大を図ることではないか、と思う。
合意に則った売上の拡大は、供給者にとっても受益者にとっても、「絶対善」。
みなの売上拡大によって、みなの需給一致の商材の絶対量を増やし、受給双方の機会を増やし、みなの知性と技量を充足させる
─ つまり、投資・機会の拡大こそ、どこまでも善であって、いつまでも善であり、いちいち議論討論せずとも善である。
もちろん、どんな商材であろうとサービスであろうと、カネが介在しようとしまいと、善はありうる。

一方、利益追求となると話は別である。
利益追求のためには、売上拡大のみならず、供給技術や人間を生産性の名のもとにカネに換算しなければならないし、商材在庫や設備や人間の削減を大前提としなければならないし、一方では顧客を口先半分で黙らせることだって必要となる。
と、なると、皆に公開されるとは限らないし、合意されるとも限らない。
ゆえに、「部分的に悪に陥る可能性」だってどうしても生じる。

====================

どんな商材でもどんな事業でも、売上拡大による「善」はひとつの絶対で理想目標だが、その実現過程における利益追求過程では多かれ少なかれ、大小の「部分悪」の選択がありうる。
と、言うと、そんなの売上があっての利益実現か、利益追求に励んでこその売り上げか、ということだろう、結局は堂々巡りの議論じゃないか…
…と反論されるかもしれないが、僕は堂々巡りではないと考えている。 
「部分悪」の反対はまた別の利益捻出の「部分悪」の選択に留まり、「部分悪」ばかりいくら束ねても「絶対善」には到らない。

いやいや、デフレで市場縮小が続いているんだから、利益最優先でもしょうがないだろう。
…と言われるかもしれないが、むしろ、デフレだからこそみなが投資機会と市場規模を拡大すべきであり、なんでも安いのだからそのチャンスでもある。

===================== 

経済学においては、「絶対善」の定義がない。 
なるほど、最大多数の最大幸福、などというが、そのための特定の条件定義や規制の撤廃という発想は、いわば「部分悪」の最小化の研究に過ぎない。
と思えば、悪徳こそが公益をもたらす、というパラドックスもあったりして紛らわしいのだが、しかしこれは、悪徳が蔓延すればその関連財の需要を喚起しひいては市場規模が拡大、というもので、そのさいの利潤追求から「絶対善」が導かれるとは云っていない。

一方、経済学では「部分悪」の定義はものすごくたくさんある。 
すぐに「希少性の競争収奪の学問だ」などと称される所以でもある。
だからどうしても dismal science (陰鬱な科学) となる。

====================

しかし、だからこそ経済学を勉強することは意味があると思う。
あらゆる「部分悪」を超えたあらゆる商材の売上拡大、機会拡大と市場拡大をみなが「目指す」ためである。
いわば、医学を習得するのが医学不要の自然で健康な心身を理想とする為であるに似ている。
そして経済成長の意味は、否、意義は、まさにここに在るはずだと信じてみたいのである。

(…なんて程度のことは概ねみんな分かっているからこそ、先進国は皆を大切にする国で在り続ける。)

以上


2012/11/14

被曝は健康に良い!



放射能・放射線について詳しい人々の意見を散見すれば、放射線の被曝は健康に「良い」とのこと。
そうであるのなら、みんなで被曝しに行きましょう。
被曝を勧め、率先してこそ、社会的な絶対善のはず。
さぁ、福島原発に、東北に、放射線を浴びに出かけましょう。
きれいな水や健康食品を入手することと、まったく同じ理屈。
被曝の機会増大を、政府や企業に要求しましょう。
被曝委員会、被曝予算、被曝国債、被曝環境整備、被曝インフラ。
メーカには、被曝発電機や被曝自動車を、どんどん造ってもらいましょう。
当たり前でしょう!なにを躊躇しているのですか? 

========================

なるほど、水だって1トンも飲んだら死にますよ、だからといって水が危険ですか?
もちろんそんなことはありません。
同じ理屈で、そりゃあ放射線だって量の限度はあるでしょう、が、基本的には被曝は健康に良いのでしょう?
被曝量が多くても少なくても、人体には全く影響が無い、要するに関係がない ─ というのなら、まあ躊躇する理由も分かりますよ。
余計なコストかけて被爆しなくてもいいじゃないか、となりますからねぇ。

しかし。
①被曝が健康に良いのか
②人体にはまったく無関係なのか
③まさか健康に悪いのか
この3つの条件を、ちゃんと定量的な要件に基づいて切りわけていますか?
もう事故から1年半以上もゆうに経過しているのですよ。
実証データがまとまるまでに15年だか、30年だか、いや100年だか、まあかなりの期間がかかってしまうので、それまでは①も②も③もはっきり断言出来ないと。
─ だから、慎重を期して今のところは黙っているのですか?  
だったら、どうして被曝が健康に良いなどとぬか喜びさせるようなこと言うのですか?

自称・理科系の先生方、なにやってんですか?
まさか ─ 自分たちには①②③の判断基準が無いから、アメリカやドイツのちゃんとした科学者の皆さまの見解に従うだけだ、とか?
そのつもりなら、そうだってハッキリ言いなさいよ。
まだ可愛気げがあるし、国民も曖昧な意見に困惑させられずに済みます。

=====================  
ともあれ。
被曝は健康に良い、という積極的な意見が存在することは間違いありません。
それが正しい以上は、 高校生や中学生の修学旅行は、被曝ツアー、これしかないでしょう。
ああ、そうだ、いつも多大なお世話になっている米軍の皆さまにも、是非とも被曝して頂きましょう。
Yes, you can !

そういえば、以前からずっと疑問なのですが、昨年の福島原発の事故について学生たちに聞くとことでは、学校の社会科の授業でほとんど触れていないそうですねぇ。
それどころか、東京電力の名前が授業ではまったく挙がらないようです。
かつての公害病の事例については、三井金属とかチッソという名前を公然と挙げて教室で説いているのに、どういうわけでしょうね。
だってね、今回の福島原発事故は、みなが被曝する大きなチャンスをもたらしてくれたわけで、だから事故などというのも失礼だし、東京電力は実に素晴らしい実績を上げてくれたことになるのですよ。
ならば学校の授業では、率先して東京電力の栄誉を讃えるのが当たり前でしょう。 
自称・教師の皆さんは、何をやってんですか?

=========================
 一方で。
被曝が健康に良い以上は、「被曝を危険だ」 などと不安を煽る人は経済の自由どころか公共の福祉にすら反していることになります。
そういう個人も法人も官公庁も大学も議員も政党も、みんな日本国憲法に違反していますので、どんどん告訴しましょう。
もちろん、こういう見解に同調して遠隔地に避難している人たちも同罪であることは言うまでもありません。


以上


2012/11/01

スコットランドのささやかな思い出

※「偶然」と「必然」について、分かりにくいという指摘を頂いたので、これらを個別観念ではなく物事の「捉え方;偶然としての個別事象か連続としての必然経緯か」と再定義し、少しだけ書き換えました。
 

およそ若い時分というのは、偶然と必然の区別が無い ─ というか、起こることや見聞きすることの全てが自己の 「偶然」 。
それらを極めて短期的に宿命とか誠意などといって自己をストイックに縛り付けるくせに、それでもちょっとしたことにいちいち手放しで喜んだり、と思えば今度は憤激したり、つまらないと分かっていてもどっぷり浸かり、ああこれがつまらないということなのか、なるほどなるほど、またひとつ利口になった、などと。
僕ももちろんそう(だった)。
すべては、どれもこれもが偶発的なぶっつけ本番にしか映らず、その長いながい必然的な連続プロセスとしては捉えようとしないのだから ─ なんと、実直な…。

==================================

パースは、スコットランドの中世に繁栄した旧き首都であり、エディンバラから列車でさらに2時間ほど北上したところにある田舎街。
なぜ、どういう理由から思い立ったのか、もうさっぱりおぼえていないが、ともかくまだ大学3年生だった僕が駅からパースの市街地に降り立ったその朝は初春のうすら寒さ、確かどんよりと曇った日だったと記憶している。

ふらりと遺跡など探索しかけて、僕は 「キンヌールの丘」 のたもとに辿りついた。
川が大きくゆったりと流れていた。
その川辺に、初老の紳士、S氏が偶々散歩していた。
紳士、とはいっても、質素な濃紺の毛編みのカーディガンをさりげなく着こなし、何か饅頭(ハギスだとか称するもの)をかじりながら、そぞろ歩きの風であった。
僕はちょうどその時、腹が減っていて ─ 朝からろくなものを食べてなかった ─ だからその饅頭をひとつ1ポンドで2つくらい売ってくださいなどと申し出た記憶がある。
「美味くないぞ、こんなもの」
S氏が目を細めながら答えた。
そんなところから会話が始まり、 タダで譲ってもらった饅頭はなるほどお好み焼きとブタまんの混ぜこぜのようで美味くもなんともなかったが、ともかくも僕は軽く挨拶し日本から来た学生なのだと自己紹介した。
そうだろう日本だろう、俺には分かるんだ、君みたいな正直なやつは日本人だろうさ…などとS氏はだんだん相好を崩し、いやぁよく来たね、ここはいいところだぞ、本当のブリテンのハートへようこそ、などと語り始めた。
さらに曰く、彼は電気技師で、セールスの取りまとめの仕事もしている由であった。

===================================

しばらく川辺でS氏と話しているうちに、彼がサッと腕を挙げて、「おい、このキンヌールの丘にのぼってみようぜ、いい景色だぞ」 と言い出し、僕が快諾するや否や彼はびっくりするほどのスピードでダーーッッと丘を駆け上がりはじめた。
とっさに、僕もすぐあとから追いかけた。
ほんの1分くらい駈けあがっただろうか、彼が振り返りながら 「君、疲れてないかね?」
「全然、平気です」 僕は少しムッとしつつ、悔し紛れに答えた。
「それなら結構」 と言い放つと、さらに彼はまたどんどん駆け上っていった。
いやもう、彼の健脚ぶりのすごいのなんの。
僕も体力には人並以上の自信はあったのだが、ハァハァと息せき切りながら追いかけていくのが精一杯で、まあそんなふうに走って、ちょっと休んで、また走って、休んでを繰り返しつつも、ようやっと丘の上に辿りついたのだった。
そこから川をあらためて見下ろすと、大きくうねりながらゆっくりと流れていたのがあらためて分かった。
「絶景だろう」 S氏が静かに言った 「俺は休日はいつも、ここへ来るんだ」
「そうですね」 肩でフゥフゥと息をしながら僕は相槌をうった。

=========================================

丘を降りると(そのときもまたS氏は駆けていったのだが)、S氏は川辺の停めてあった自分の車の前で立ち止まり、さぁ市内を案内してやろうと申し出てくれた。
いやぁ、そりゃいくらなんでも通りすがりの旅行者の分財で甘え過ぎか…ちらっと逡巡したが、でもその日は休日で、それに、俺はマネージャだから仕事しなくてもいいんだよ、さあ乗った、乗ったなどと催促されたので、好意に応じることにした。

それは業務車両で、予想通り少し乱暴にブワンと発進した。
「ここは、そもそもどういう街なのですか?」 少しがたがたと揺られる車上車上で、僕は尋ねた。
「かつてイングランドと戦った偉大な街だ」 S氏が答えた。
「でも、スコットランドの首都はエディンバラですよね?」
「エディンバラはスコットランドではない!」 S氏が敢えておどけたような大声をあげたので、僕はちょっとびっくりした。
「エディンバラはイングランドだ。あそこにはハートが無い。ビジネスだけだ」
「でも、イングランドとのビジネスがあるからスコットランドだって得があるわけでしょう?」と僕は続けて尋ねた。
「ちょっと違うな、スコットランドはビジネスでいつもイングランドのために犠牲になってきたんだ」
「どういう意味ですか?」
車は次第に街中に入っていった。
「いいか、君ね、俺のような普通(decent)の国民のいうことをよく聞くんだ」 S氏は少し声色を落とした 「スコットランドはね、日照時間がイングランドよりも短いんだぞ」
「はぁ」
「イングランドに合わせて生活させられるのは、不利なんだ、朝早く起きなければならないし、法律もイングランドに従わされるし、それに若いやつらがどんどんイングランドに流れていく」
そうすると、、どういうことになるのか、僕にはどうにも具体的なイメージが湧かず、だから黙っていた。

S氏はハンドルを握り、前方を見据えたまま、それでも妙に陽気な声で語り続けた。
「犠牲にされてきたのはビジネスだけじゃないぞ。かつてグレートブリテン帝国を軍事的に支えたのは俺たちの祖先の血だ、イングランドの奴らじゃないんだ。だから我々スコティッシュがイングランドから独立してもいいんだ、そうだろ?俺たちはスコティッシュのためのビジネスをすべきなんだ」
「それで互いに競い合うわけですね?」 と僕が尋ねた。
「互いが育つためならば、だがね」
僕はそのうちに、話しかける内容が無くなり、ほとんど黙ったままで車中からずっと街を眺め続けた。 
S氏もそこのところちゃんと斟酌してくれたのか、「どんどん本を読め、話題が増えるぞ」 などと静かに、かつ、半ばからかうように声をかけてくれたのだった。
車は質素なオフィス街や、カトリックの聖堂や学校や庭園などをすーーっと通りぬけて行った。

=================================

「ヘイ、ジョー!」 信号待ちで停車中に、S氏がいきなり車外に向かって大声を挙げた 「万事、うまくいってるか?!」
「アーイ!」 なんだか妙なアクセントで、路上のその若い男が叫び返した。
さらに、パッチしたとかロードしたとか、なんだかそんなようなことを言いながら大声でこちらに手を振り返していた。
「あいつは、優秀なやつなんだ、大切なやつなんだよ」 S氏がつぶやくように言った 「何をやらせても、ちゃんと仕上げる、それに若い、そして今日も働いている」

いつの間にか正午を回っていた。
S氏が、昼食を一緒にどうかと声をかけてくれた。
「この街にはあまり美味いランチはないけどな、でも、腹一杯食えるぞ」
いや、もう結構です、午後に移動先がありますから、と僕は適当な嘘をついて丁重に断った。 
別れ際にS氏は、パースの駅前で僕を車から降ろし、「そこの土産物店で枕を買っていけ、良い香りのハーブの枕だ、熟睡出来るぞ、お母さんにいいお土産になる」 と言い残して去っていった。

=====================================

それから、数か月のち。
僕は日本の某電気メーカに就職が決まり、ああそうだ電気関係といえば、と、このS氏のことを思い出し、それで自分の次第について略記した手紙をしたためてS氏に郵送したのだった。

しばらくしてから返信が届いたが、それは意外なことにS氏自身からではなく、奥様からのものだった。
その手紙に曰く。
夫は電気関係の事業がだんだん低調になり、近頃は体調を崩して家に籠りがち、だから夫に代わって私があなたの将来を祝福します、日本の人たちはとても優秀だと聞いています、これからのあなたの成功を祈ります…などと優しくまとめられた内容のものであった。

====================================

この手紙を受け取ってから。
僕はS氏のことを回想するたびに、どうまとめたらいいか分からぬまま、考え込んでしまうことがある。
この一連の顛末の意味は、いったい、なんだろう?
どうしでも分からず仕舞いで今に至るのではあるが。
しかし、ささやかな教訓くらいは、鈍感な僕でもそれなりに得たつもりではある。

すなわち。
自身にとっての個々のあらゆる「偶然」は、どこかで誰かに分かち頂いたもの。
どこかで誰かに譲り受けたもの。
そんな一つひとつの瞬時瞬時の「偶然」すらも、十や二十の「必然」プロセスに束ねて両替し、清算に充ててしまうことが…それがもしも現代の大人になるってことだとしたら。
それはけっして楽しいことでもなく、格好の良いことでもなく、ましてや ─ 哀しいことですらもない。
日々の多くを、ほとんどを、相対化して理屈もつけて、しばし道義の観念も生活信条も職業までも変えながら。
それでも、否、それでこそ本当はいつまでも返済出来ない、ひとつひとつは借りっぱなしの偶然の堆積として、今現在までの僕がここに在る。

===================================

キンヌールの丘を駈け上り、駈け下りたあの胸一杯の真っ白な冷気、わが身をめぐった血潮のいぶき。
いまも、あの丘は。
遥か北の一画において、雲の合間のまっすぐな日射しを受けなだらかに立ち、裾野をゆるやかに曲がりくねる静かな川を黙ってたたえ、南に遠くイングランドを、さらには遥か世界を臨みつつ。
小さな刹那の真っ赤な必然を、無償だからこそ返済し得ない気高きさだめを、過去から未来へと交錯させ続けているのだろうか。

スコットランドは社会人になったのちも何度か訪れたが、パースには行かず仕舞いである。



以上

林檎

しばらく前のことだが、ボディガードを務めたことがある。
ボディガードといっても、むろん要人や大物などではなくて、或る一人の女子高生を警護する仕事であった。
いやいや、まだ大げさに過ぎるから、もっと簡単に記せば。
もともとは家庭教師として派遣採用されたのだが、その娘が大層利発であったので、学業の支援はほんの数回で不要となったのであった。
だが ─ それではさようなら、とはならなかったのである。
その娘は週に二度、或る種のアクション系のモデル事務所に通っており、帰宅時間がかなり遅くなるので、出来たら連れ添ってやってもらえませんか、ときた。
ならば、そういうところから送迎が手配されてもよさそうなものだが、いやそこまで先方に頼ってしまうほどのものでもないとか、さらに、たまたまお父様が長期不在で、かつお母様は自動車の運転が出来ないとか。
まあ、そんなこんなと、いろいろご家庭なりに勘案されて。
それで、その娘のモデル事務所からの帰宅時間がたまたま僕と都合があうということで、身辺護衛を承ることとなった次第。

==================================

僕自身としても別件勤務の帰宅途中ゆえ、自動車で送迎するわけにはいかなかった。
そこでちょっと考えた末、常時30m程度の間隔をおいて、この娘のうしろから僕がそっとついていく形態をとることになった。
なにしろこの娘は高校の制服を着用しているのだから、夜道を連れ添って歩くわけにもいかない。
地下鉄でも、隣の車両に乗って、さりげなく見守る。

一方で、この娘は最初のうちは 「あの人がついてくるのは、いやだぁ」 などと不平不満をぶつくさと母親に漏らしていたようで。
それが、一月もすると、次第に懐いてくるのであった。

=================================

たとえば、駅前の繁華街で。
この娘は前方を静かにてくてくと歩いているかと思うと、ぴたっ、と雑踏の中で立ち止まって、こちらを振り返り、僕を待つようになったり。
そうなるとこっちが困ってしまって、「おい、立ち止まるな、先に行け、夜に一緒に歩いているとヘンだと思われるだろう、それでもいいのか?」 と諭してやったりする。
「ヘンじゃないよ」 とその娘が笑いながら答える 「距離をおいてついてくる山本さんの方が、ずっとヘン」
「だけど、友達にみられたら、おかしいだろう、あ、そうだ先生に見つかったらもっとおかしいぞ」
「山本さんは別におかしくないから平気」
「とにかく君は制服なんだから、先にいけ」
「ふーん…あたしがイヤなんだ」
なんとでも言えと、さらに諭しながら、先行を促すのであった。

================================

まあそこは学生ならではの楽しさか、あるいは女子特有の人恋しさか。
曲がり角などでささっと待ち伏せ、突然ヒュッと出てきて、「タァーーッ」と小さな拳を僕の胸にぶつけてきたり。
「うわっ、なーに、やってんだ、もう!」 パシっとさばきつつ、僕は呆れた声をあげる。

「ねえ山本さん、一緒にスパゲティを食べにいこうよ」
「いやだよ、スパゲティは嫌いだ」
「じゃあ、おうどん」
「うどんは一人で食うもんだよ」
「じゃあ、ミスド」
「なあ、君ね、頼むからさっさと先に行ってくれないかな」
「じゃあゲーセンに行く」
「ぜったいに、ダメだ!…ああ、もうお母さんに言っちゃおぅ、やっぱり僕には務まりません、ってね」
すると彼女は、フゥ、などとため息をついて、仕方なくテクテクと歩いていくのだった。
自宅に通じる坂道で、確かに帰宅するところまで見届けて、それでその夜の務めがおわり。

=================================


まあ、やはり路上でおかしな態度ばかりとっているわけにもいかず、レストランに一緒に入ったりしたことは白状する。
「ねえ、あたしとデートしてうれしい?」
「べつに」
「ふーん……ねえ、夜食って太るのかなあ?」
「たぶんね」
「でも、走ったりしているから、大丈夫だと思うけどなー」
「だろうね」
「あとね、水泳もしてるんだよ、あんまり速くないけど」
「ほぅほぅ」
「山本さんも食べなよ、これおいしいよ?」
「いらない」
「フン……つまらないんだったら、もうやめればいいのに」
「そうだな」
「ママからいくら貰ってるの?」
「さあね」

====================================

まあ、そんなふうにか月あまり続いた、ある夕暮れ時のこと。
その日の僕はたまたま仕事が無かったので、ふらっと散歩がてらに途中下車して、この娘の家に続くその坂道まで差し掛かった。
秋の陽はつるべ落とし、とはよく言ったもので、晩秋の夕刻はあっという間に日没となった。
そのオレンジ色の闇に包まれた坂道を。
前方から一台の自動車のヘッドライトがきらり、まっすぐに向かって来ると、彼女の家の前に停まった。
とっさに僕は足を止め、すっと脇道に姿を隠した。
ああ、そうか、そうなのか。
その車から降り立って玄関に向かったのは ─ 初めて確認する、しかし横顔や身のこなしからして直観的に見紛おうはずもない、彼女の父親であった。
すぐに彼女と母親を連れて出てくると、みなで車に乗り込み、それから坂の向こう側に走り去って行った。
そうか、お父様が帰ってらしたんだな。
ならば俺の仕事もおしまいかもしれないなぁ、と、まあそんなことを考えつつ、僕もきびすを返すともと来た道を帰って来たのだった。

=================================

二日後、母親から電話がかかってきて、サンフランシスコに移り住むことになりました、これまでお世話になりました、娘も向こうで進学することになりましたなどなどと伺ったわけで。
ああ、そうですか。
それで、どうなったかは分からない。
あえて訊こうとも思わなかった。
以来、数年が経つ。
もしもあの娘がここに今こうして記している僕に気づいたとしても ─ まあそんなことは無さそうだけれども ─ 黙ってどんどん歩いて行くんじゃないのかな、むしろそうあって欲しいものだなあと日に日に感慨だけは増してくるのが我ながら不思議である。

それでも時々、夜道の曲がり角などで、制服姿のあの娘が突然ワッと出てくる気がして妙にムズムズしたりするわけで。
おかしなルールのゲームは、おかしな余韻を残すものなのだなあ、人の世は理屈よりもプロセスこそが楽しいもの、とまとめておくしかなかろう。 以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本