自己紹介

自分の写真
東京都立川市出身、慶應義塾大学卒業、某電機メーカ勤務にてソフトウェアシステムの海外プリセールス等を経て、現在は教育関連に従事

2013/07/18

学ぶということ


大学在学中のこと、ある運動部に在籍していた ─ 時期があった。
その過程で、真夏の合宿を消防隊の訓練学校で過ごすことになったのだった。
確か、小山の中腹に在った合宿所ゆえ、真夏とはいえ炎天下に苛まれるということは無かったが、それでもクーラーの無い大広間にみなが雑魚寝しての一週間(5日間だったかな?)は、今思い返してもなかなか厳しいものであった。
朝、一斉に起床、そして体操となるのだが、この消防隊方式の早朝体操が実にキツイもので、ちょっと普通の体力ではついていけるものではない。
体操がやっと終わると、そのままランニング、ダッシュ、サーキットトレーニング、更にテクニカルトレーニング、と続く。

この運動部では少しムチャがたたって、首筋を痛めてしまい、練習をしたり、中断したり、また練習に復帰し、でもまた休み、と繰り返していたものだから、ちっとも上達せず、もう辞めちゃえよ、そうしようかな、などと自他共にだんだん居づらくなり…。
それで結局は、卒業前に中途で辞めてしまった。

==============================

そんなだから、あまり立派な先輩面など吹かしたくはないのだが…

若い世代を3ヶ月だか半年だか、ちっとはキツイ目に合わせてやってもいいんじゃないか、との声も最近そこここで聞く。
それに応じて僕なりに言う。
確かに、若いうちに一度や二度くらい 「目が回りそうなキツイ思い」をすることは精神面での鍛錬になるし、人間のダイナミズムを知る経験とはなる。
しかし、それらから何か実践的なベネフィットを得るとは限らず、或いは「何にもならない」ままで終わるケースも往々にして有る。
だから、せいぜい3ヶ月だの半年だのという話になるのかな、と我ながら納得している。

酸いも甘いも、自分が決めるものではない、いや、むしろ自分以外が決めてしまうもの。
市場でたったひとつ不変のマナーは、はじめから見返りなど期待せず、ともかく相手に敬意を払うこと。
もちろん、こちらの敬意に対して、手前の常識と権威で増長してくる奴らだって、世の中にはゴロゴロいる。
そういう卑怯な相手には、もっと卑劣に応じてもいい、相手が発狂するまで追い詰めてもいい、相手が1発殴ってきたら5発殴り返してもいい…という具合に考えている。
それでもこちらをクビには出来ないよ、くだらない連中にそんな正当性など始めから有るわけない。
一体、なにが問題なのか、と和解のテーブルを持ちかけてくるまでは、許さん。
…と、ちょっとエキセントリックな喩えにはなったが、ともあれ市場経済とはそう割り切る世界。

だから、とくに学生諸君に言いたい。
人間関係などで悩む必要はない ─ どうせ必ずどこかにほころびが生じてしまうもの、ほっときゃいい。
同時に予想外の楽しさもある。
つまり、なるようにしか、ならん。
だから世の中は面白いもの。

=============================

さて、上述の運動部の話を、ちょっとだけ続けるが─

とにかく首筋が痺れて、しかも鈍痛がなかなか取れないので、学校の最寄りの接骨医を訪れたことがあった。
出てきたのが初老のカクシャクとしたおじさんで、こちらの話を聞きながら…はいはい、ほぅほぅ、うん、そうか、首が痛いんだな、こっちへ曲げると腕が痺れるんだな、はいはい、わかったわかった…などと独りごちている。
そう言いつつ、僕を治療台にうつ伏せに寝かせると、「ちょっとだけ、痛ぇぞ、我慢しろ、な」と低い声。
それから僕の首筋に鍼を、ぷつっ。
うわっ、と弾かれるほどの激痛は、なるほど最初の一瞬だけで、それからウソのように痛みがとれた。
「何をやったんですか?!」と僕が尋ねると、「筋を縮めてやったんだよ、要するにね、ムチウチ症だったんだよ」
「ムチウチ症?僕がですか?」
「同じ症状だということだよ、いいか、あんた、筋肉っていうのはな、ある程度伸びきってしまうと、自分だけではなかなか縮むことが出来ないんだ、だから、プスッ、と外部から刺激をな」
なーるほど、と僕はすっかり感じ入ってしまった。
たったこれだけの経験でも、学ぶ気になればいろいろ学べるものである。

治療費は、学生に限り500円とのこと。
そこで会計時に、看護師の女性に対して500円玉を軽く放り投げてしまったのがいけなかった。
彼女がやおらに、ゆっくりとした口調で、しかしながら実に厳しい声色で僕に言い放った言葉を、今でもありありと覚えている。
「あなた!よく聞きなさい、先生は学生さん相手だから500円で治療をお受けしているの。もしもあなたが社会人だったらちゃんとしたお代を頂くのよ。そのくらい偉い先生なのよ!それにね、あなたが社会人だったら、今の侮辱的な行為は絶対に許されないわよ。分かった?」
これは実に強烈なお言葉。
要するに「あんたなんかまだ学生の分際なんだから、もっと謙虚に感謝しろ!」という旨のお叱りだったのである。
横っ面を張り飛ばされるほどのショックであった。
市場経済とは、こういう厳しい世界。
なぁんだ、くだらねぇ、と、エヘラエヘラと笑い飛ばしても、よし。
だが、志次第では、学ぶ機会はどこにでもある。
授業料はほとんどタダ同然でも、喫茶店のコーヒー代程度だとしても、見返りがびっくりするほど大きなこともある。

=============================

これも大学在学時だが、早朝の工場アルバイトに勤務していたことがある。
朝のじつに5時から8時まで、或る乳製品の集荷工場で工場倉庫内の在庫を台車でかき集め、それを集荷トラックに荷積みするという仕事。
時給は確か800円、だったかな。
それを済ませてから日吉のキャンパスまで通学していた。
ある朝のこと。
たまたま遅刻してしまったのでそーっとロッカールームに忍び込んで作業着に着替えていたら、そこに踏み込んできたのが現場課長で、「おい!あんた!バイトだからって甘ったれんじゃねえぞ!」と怒鳴られてしまった。
これにカッとなった僕は思わず自分のロッカーのドアをブン殴ってしまったのだが、そこへサッと現れたのが年配の社員。
「おい、兄ちゃんよ、そんなに暴れんなや。なあ、あんたはさぁ、3時間のバイトでさ、とっとと消えっちまうから、いいっぺよ、んだけども生活かかってる社員も居るわけさ、なぁ、そこんとこ、分かってくれよ、兄ちゃん」
これには僕もヘタっとなってしまい、謝罪の言葉を告げるとこの社員とともに作業場へ趣いたのだった。

こういう具合に、たかだか時給800円の現場でも勉強の機会がそこいらに広がっているのが、市場経済である。
(しかもロッカーの修理代を僕のバイト代からちゃんと差っ引いているところなど、まこと市場経済のスリルでもあった。)


以上

2013/07/09

不安感を煽る

俗に、誰それが不安感を煽る、という。
とりわけ昨今ひろく発せられるこの表現、 だが、ここのところもっと深く考えてみたい。

① たとえば、ボクシングのリングでとてつもない強敵と戦うことになった、とする。
相手は凄まじく正確な強打の持ち主、ゆえに自分は殴り殺されるかもしれない…という不安が自身に在る。
しかし。
「おまえは殴り殺されるかもしれない」というリスクを、5人から異口同音に指摘されると不安感が増大し、たった1人からそーっと指摘される限りならばその不安感が軽減する…ということがあるだろうか。
本当は、我々の不安感が増大する理由は ─
試合で死ぬかもしれない、死なないまでも悶絶するほど苦しむかもしれない、もし負けたら身内が破産する、もしぶざまに負けたらネットで笑いものにされる、もし負けたらボクシング史に敗者として永遠に残る…といった具合に「幾つもの独立した異なった原因によるはず」。
だから、不安感も、その煽りも、「種類の問題であり」、一方で「程度の問題ではない」。

ゆえに、他者の不安感を煽るために有効な方法は、個々に独立した様々な不安要因を相手にふっかけることだろう。

② でも、一流と察せられるまともな人から不安感を煽られると怖いのであって、そこいらのド素人が何を言おうが怖くはない、などと言うか。
ということは、不安感とは自身の価値判断と理解力による。
ならば、不安感は自己流に克服出来るはずである。
まともな人たち10人とはいえ、その人々から異口同音にたった一つの同じ内容で不安感を煽られており、それを自らの見識で克服出来るのであれば、その不安感に苛まれることはない。

③ むしろ、我々の不安感の原因は、その理由が特定出来ないからだ、と考える。
理由が特定出来ない場合、いったいその根源がたった一つなのか、複数なのか、それすら分からないから恐ろしい。
そこに便乗してかどうか知らぬが。
・実相が分からないのをいいことに、故意に複雑に込み入ったかたちで煽る人たちが居る。
・逆を返せば、不安材料など無いよ無いよ在るはずがないよと無条件に強弁する人たちもいるわけで。
と、なると。
論理の無い扇動と無条件の強弁を続ける連中こそ、最も不安感に便乗している連中だと言ってよさそうである。
そういう連中を克服するには、我々は「論理(理解)」と「有条件下での納得」をもってあたるしかない。

むろん、今に始まったことではなく、むしろ何においても同様ではなかろうか。

以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本