2014/08/26

早慶入試英語の単語と読解

英文解釈についての諸々のテキストや参考書をたまに散見するが、いつまで経っても、SVOC型の「英文解体法」を前提とした解説が多い。
あまりにも執拗なので、あたかも特定の宗教・思想に則った指導方式なのではないかと見紛うほどである。 
しかし僕なりに普通の市場経済人として、(もう何度も繰り返してきたが)敢えて言う。
人間が人間のために一定の汎用常識にのっとりつつ、特定の意思をもって記した文章を、品詞によって無機的に解体し、それで一体なにを理解させようとしているのだろうか?
言葉は、化学式や数式とは違い、個々要素とその総体は常にエネルギーが異なるのものである。

僕自身も国内外で少なからずの英米人に英文解釈についてアドバイスを受けたことがあるが、SVOC方式によるメッセージ解体メソッドなど「ただの一度も」聞いたことがない。
英語を理解するためには、ともかく多く読め、そのメッセージ自体から新たな知識を得よ、知識の組み合わせが論理だ、論理そのものが知識だ、というのが彼ら一様のアドバイスである。
だから、自然科学にせよ経済にせよ法務関係にせよ、英文の理解に最も望ましい教材はそれら諸分野のコンパクトな用語集である由、併せて頻繁にアドバイスされた次第。

とはいえ、むろんほとんどの未成年の受験生は、特定の学術分野における英単語のみでは多方位の学習は難しかろう ─ そういう学生だって居ないことはないし、これからますます必要とされていくとも察せられるものの。

…といったところから閃いたのが、以下に挙げた英文解釈の4分類で、これらが読解英文として典型的なタイプたりうるのではないか。
いずれもサンプル教材のつもりでまとめたもので、SVOC式の英文解体術によって単語をバラしていてはなかなか文脈理解に至らない例である。 
・① 損得判別タイプ
・② 観念複合タイプ
・③ 観念分解タイプ
・④ 主客混合タイプ

とくに、敢えて早慶の一般入試英語から引用する理由は、英文における単語の抽象性が高いこと、同時に論理性も高くなること、あわせて時事性も高いこと (さらに過去問の分量が極めて多いこと) に依る。
  

・① 損得判別タイプ: 様々な損得トレードオフ関係を論じるビジネス論.
以下に赤字で記した基本的な損得観念タームを理解しておくこと必須。

<早稲田政経2013-I より一部抜粋>
フェアトレード商標製品に対して未だに残る先入観の例、として挙げられている箇所 
The view in some quarters is
that Fairtrade is for people with a high disposal income,
and in these hard times it’s not something most people can afford to buy into.
(中略)
In many cases,
people associate Fairtrade with charity, rather than trade,
and particularly with crafted products.
(中略)
Only a small percentage of the retail price finds its way back to producers.

<解説>
high disposal income something most people can afford to buy into が正反する観念であること (フェアトレード商標は前者向けである一方で、不景気に後者が購入出来ないもの) と理解可能。
またcharity trade も正反する行為であり、かつ、crafted products は前者の端的な例であることまで語彙から理解可能。
さらに、retail price のごくわずかが producers へ、と前者が全て後者に還元されるわけではないことも、ビジネスの基礎知識から了解可能なはず。
※ 本箇所から本テキストの全貌理解が導かれるものではないが、「フェアトレード商標製品へのコスト負担見識が一意に定まっていない」由は了解すること出来る。



・② 観念複合タイプ: 多元的な観念を複合的に組み合わせ全体を定義するもの
以下、おのおの英単語の多元的な意味を要了解。

<慶應総合政策 2014-II より一部抜粋>
人権意識の国際的な拡大と解釈変容を描写した箇所
The third-generation human rights (ここでは世界的人権解釈の第三世代)
encompasses ill-defined rights
that protect collective rather than individual interests
and includes
the right to development, the right to international solidarity, and the right to peace.

<解説>
キーワードはright interest で、いずれもその語だけでは意味を形成せず、別の語との組み合わせで初めて意味を成す。
ill-defined rights「不明確な権利」とおいても、まだ定義がハッキリせず、どちらかいえばcollective interest を守るもの、とつながってやっと論旨が明確になる。
(実際に本論でも、輪郭の峻別しにくい多極的な権利論が展開されている。)


<慶応医2014 II より一部抜粋>
The biological origins
of the co-operativeness and, on occasion, extraordinary self-sacrifice
that characterise humans and have led to their ascent
are less easy to elucidate (明白にする/語注付).

<解説>
biological origins「=生物としての起源」という実体of以降の co-operativeness
「=協調本能」及びself-sacrifice「=自己犠牲本能」 という属性と同質同体であり、さらに、それらの属性が人間性を特徴付けつつ祖先まで遡及も出来た
 ─ という関係付けまでは、それぞれの語義が実体を指すか属性を指すかという判断から見いだせるので、andが複数おかれた多重構造の文面でも混乱しない。
(その上で、この関係付けは容易には明らかに出来ない、という大意まで導ける。)



・③ 観念分解タイプ: 或る抽象観念を、別の抽象観念に置き換えて分析進める構成。
理数分野での英単語観念に通じる必要あり。

<早稲田理工 2014 IV-Section A より一部抜粋>
Reductionism is a philosophical position
which holds
that a complex system is nothing but the sum of its parts,
and that an account of it can be reduced to accounts of individual constituents.

<解説>
まずcomplex system とそのparts sumが同量であることは語義から了解、さらに、その(complex systemの)ひとつのaccount=概念単位」が個々のconstituents accountsとなりうることも了解出来る。
ここまで了解出来れば、或る「個」の複合系をその構成要素の「総和」に還元する行為をreduce 動詞で表し、この立場を堅持する哲学上の立場がreductionism であることも把握出来る。
(文章構成自体は極めて単純なので、語義さえ抑えておけば読み取りは容易。)

  
 
・④ 主客混合タイプ: 哲学論、頭脳論やIT論など、主体および客体として表裏一体で論じるもの。最も難度高い。
生命/情報処理/機器にかかる非人格な用法の名詞(及び動詞)充足が必須。

<慶應環境情報 2013-I より一部抜粋>
ネット利用者とbrowserGoogleの関係を一気に記した箇所。
The assumption ここではネットユーザによる仮定)is that
searches for “intestinal gas”() and celebrity gossip are
between you and your browser  
  (途中略)
... it’s that behaviour
that determines what content you see in Google News, what ads Google displays
that determines, in other words, Google’s theory of you.

<解説>
browser とは何か、contents とはどこの何を指すか、ads とは何か、まずこれらの語義理解が必須。
そこから searches の主体はyoubrowserであること、behaviour の主体もyoubrowserであることがわかる。
さらにdetermines の主体は youbrowser によるbehaviour であること、theory of you とは youの検索傾向習慣を意味すること了解出来る。

(特に本例で分かろうが、SVOC式の英文解体などはむしろ全体理解を遠のかせるばかりである。)

=================================================

以上、今後の参考となれば幸いである。

2014/08/24

気の強さ、我の強さ



最近、「気の強さ」と「我の強さ」がどうも混同されているような気がする。
言葉でいくら解釈しなおしても、どうも峻別は難しいような気もするが、この両者は違う。

スポーツ (とくにボクシングや相撲など精度の高い競技) でみれば、判然とするのではないかな。
「気が強い」、というのは、ぶっとばされた時にこのやらうとカッとなって反撃する精神性。
常日頃はむしろおとなしく、俺は本気になったら強いんだなどとは口が裂けても言わない、が、いざ本気になったら凶暴なほどに強く、一発殴られたら五、六発殴り返したり。
一方、「我の強い」人間は、俺は本気を出したら…といつも凄んでいるが、実際にガーンとぶっとばされてしまうとヨヨヨと泣き崩れながら倒れ込んでしまうタイプが多い。
野球選手でも、プロあたりになると「気が強い」連中が多いようだ。
投手にボールをぶつけられるても、「いいんだよ、次から気をつけろ」 とスポーツマンシップが爽やかだが、もう一発ぶっつけられるとコンの野郎ぶちのめしてやると投手に向かって突っかかっていくでしょ。
外国人選手などは投手に向かってバットを投げつけたり。


随分昔のことだが、いつも威張っているイヤミな年長者(の足元から80cmくらいのところ)にちょっとした工具を投げつけてやったことがある。
あのトマホークみたいにブーンと放たれてゴゴンと床に響いた工具を、すかさず拾って僕の足元に放り返すか、或いはテメェこのバカやろうと怒鳴り飛ばしてくるような気の強いオヤジならば、こっちだって敬意を払ってやったのだがなぁ。
(もちろん、会社というのはこんな程度のことでクビにはなりませんよ、念のため。)

僕自身も多少は気が強いところがあるが、気の強さはたぶん何においても重要で、何故なら「本当に気が強いやつ」 はおそらく楽観主義も持ち合わせているだろうからだ。
日頃から自分が必ず勝つことをイメージしているようで、だから自己主張などいちいち励むこともなく、常に新たな努力を継続している。
その点、「我が強い」タイプは悲観論者なのだろう、いつも自分がやられる展開ばかり想定してしまうので、周囲を牽制し威圧し睥睨しているが、ろくすっぽ努力はしていない。



さて。
男の場合、「気が強い」 を 「我が強い」 よりも明らかに上位の徳目に据えている ─ が、ここまでは性差による性能という観念は無い。
それでも、「気が強い」奴は男らしいとされ、「気が弱い」やつは女々しいと言われ、この形容表現は古今東西変わらない。
そこで、だ。
これらをミングルしつつ峻別し、男なりに人間の心性に序列をつけてみる。
すると、「気の強い男」 が最上位で、「気の強い女」 が次位につき、その下が 「気は弱いが我の強い男」、最下位が 「気が弱いくせに我の強い女」 となる。

なんだかくだらない話にまとまりそうだが、いや、既にそうなりつつあるが、もうここまで書いちゃったから続けよう。
女たちが時々咆哮する 「男らしくしなさいよッ!」 などとというセリフ、いったい何の意味があるのだろうか?
本音がどうにも分からない。
分からないが、推察出来ることはある。
男が男に対して、「男らしくしろッ」 と叱咤激励する場合、「そうはいっても、気の弱いやつはダメなんだけどね」 という皮肉が込められているのに対して、女たちが男に対して 「男らしくしなさいよっ!」と喚き散らすのは、「あなたは弱い男なんだから、我の強さだけでも見せつけなさいよっ!」 ではなかろうか。
どうも、女たちの場合には、「気が強いが我は強くない」 「気が弱いが我は強い」 「男らしい」 「男らしくない」 というこの4者が、同格の心性ということになっているようで。
「ゴメーン、僕って気が小さい男なの、許して」 と白状されると、 「ふふっ、いいのよ、あなたは弱いんだから、我の強さで生き抜きなさい」 などと。
なるほど、「気の強さ」と「我の強さ」の区別が曖昧になってきたのも分かる気がする、とともに、「男らしさ」 も曖昧になってきたわけだな。
別にいいけどね。
「男らしさ」 が 「気の強さ」であることに変わりなし、そこんところ分かっているのも男だけなんだから。

以上

2014/08/08

理想社会についての雑感


本当の理想社会は、どんなだろうか。
いろいろ見聞きした観念を、ちょいとつなぎ合わせてみよう。

(1) たとえば、トマス=モアが著したユートピアでさえも黄金を共通通貨とおいたが、黄金もビットコインも、いや、いかなるカネも必要無い社会がいつか来るのではないかな。
究極の物物交換経済。


何もかもが需要に応じて即座に生産、調達出来るのであれば、経済活動は物物交換のみとなる、いや、たとえすぐに交換に応じられなくとも誰も困らなくなる。
また物物交換で余った素材は、即座に別の素材と交換や新規合成が可能となり、瞬時に調達も可能となる。
何しろカネが介在しないのだから、カネ確保のための在庫の叩き売りや家の叩き売りやリストラの叩き売りなんか必要なくなる。
カネが介在しなくなれば、知的所有権の観念も争議も無くなるのではないか。
さらに薬剤がただちに配合され調達されるようになり、治療ロボットが各家庭に普及すれば、病気も無くなる

…つまり「距離/時間の克服」であり、それがテクノロジーで可能となってこその、理想社会である。
だから、これまで経済学を司ってきた「希少性」という観念がなくなり、じっさい貧富の格差も無くなる。
人生の恐怖からみなが解放されるわけ。

=====================================

(2) とりあえずは、ここまで可能として。
とりわけ、ここからが従来の共産主義社会とは異なる点だが…モノやサービスの生産供給も、直接の交換も、それらの価値は売買当事者「のみ」が好き勝手に合意すりゃいいわけ。
すると、必需品のみならず奢侈品の物物交換もイメージ出来る。
カネではなく、売買の当事者同士が合意する場合のみ、取引がなされればよし。

それじゃあ、死ぬほど働いてもダイヤモンドの一欠片すら入手出来ない人が出てくるじゃないか、というのだろうが、それはダイヤモンド保持者との合意が出来ないから(おのれに何の取り柄もないから)で、仕方ないこと。
むしろ、これまでは、何の取り柄も愛情も誠意も無いのにカネだけで奢侈品を買い漁っていた人たちにより、自由な市場経済がずっと損ねられてきたといえよう。
遠隔の観光地を訪れる場合も同じで、その観光地に住む人たちと何か互いの直接取引で合意すればよし、何にも合意出来ないのならその観光地を訪問する資格がない、と。
簡単なことでしょう?それとも、カネ次第で当事者の満足感を無視した今の経済の方がよいとでも?

こんなふうに、カネ自身の価値を超えた売買双方の直接の市場経済が実現する。
共通市場だの相場価格などという馬鹿げた観念も無くなる。

========================================


(3) それでも、むろん競争は残るだろう。
あらゆるモノやサービスの納期と品質の数量の競争は無限大に苛烈化し、技量や知性に自信のある積極的な者だけが研究開発や営業競争に参加。
そうでないものはとっとと立ち去って、別の商材で頑張ればよい。
よって、投資もこれまでの無責任なカネによる形態ではなく、技量と知性をもって為されることになり、本当の企業経済が出現する。
むろん、気心知れたマニア同士が企業組織をいくらでもつくればよいし、一人で何十社に在籍しようが、いかに(物物交換ベースで)投資しようが、そんなことは永遠に自由。

…となれば、勝者と敗者が極端に分かれるだろうな、と想像してしまうのが我々の習慣。
だが、完全な供給充足、物物交換、自在な素材合成が常時実現すれば勝者も敗者もなくなる。
個と集団の不均等は、個と個の永遠の競争にとって代わられる。

======================================

(4) いや、それでも悪徳がはびこるんじゃないか、と想像してしまうのが我々の常だが、本当に万人にはびこるモノや習慣があるとすれば、それはもはや悪徳ではない。
法は残るだろうが、カネが仲介せず相場もなくなり、各個人の価値査定のみによる自由取引が実現すれば、法に一律照会さるべき権利も義務もどんどん減り続けるだろう。

もっとも、自衛は各自の自己責任で、となるので、みなが武装するようになるが、もともとみなが武力を放棄して自衛隊に生命を一任している方がおかしいのだ。
ここまでくると、議会なんぞはなおさら不要となる。

政府は広く浅くNPOの複合体のように働き (だからって無政府主義を礼賛しているわけじゃないのよ)、国民は政府と自由に交渉が出来、その気になった国民は自身が政府の役回りも演じる。
だから富の再配分だの社会保障だのという観念そのものが無くなる。
もうボリシェヴィキもナチも要らないのだ。

===========================================


思いつくまま挙げたが、どうだろうか。
こういう社会がいつどのように実現するか、とんと見当もつかないし、また世界が一斉にこの方向に踏み出すとも考えにくい。
だが、それでも科学テクノロジーは無言のうちにこういう理想社会実現のためにゆっくりと胎動し歩み続けているとはいえまいか。

ただ、もしもこれが文明の目的でなく理想ですらなく、永遠に不可能な絵空事と切り捨て、カネと法と代議制にこだわり続けるのであれば、絶対に実現出来ないだろう。

あえて考えること。
社会科は常に理科から生まれなければならない。
(理科が社会科から生じるわけがない。)

以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本