自己紹介

自分の写真
東京都立川市出身、慶應義塾大学卒業、某電機メーカ勤務にてソフトウェアシステムの海外プリセールス等を経て、現在は教育関連に従事

若者・学生向け

大学新入生諸君へ(2017)
http://timefetcher.blogspot.jp/2017/04/2017_10.html

新卒社会人の皆さんへ (2017)
http://timefetcher.blogspot.jp/2017/04/blog-post.html

他人の評価に拘るな!
http://timefetcher.blogspot.jp/2017/01/blog-post_95.html

新成人 (2017)
http://timefetcher.blogspot.jp/2017/01/2017.html

リアル・ディール
http://timefetcher.blogspot.jp/2016/11/blog-post_33.html

少年期のSF
http://timefetcher.blogspot.jp/2016/08/blog-post_4.html

大学新入生諸君へ (2016)
http://timefetcher.blogspot.jp/2016/03/2016_19.html

新卒社会人の皆さんへ (2016)
http://timefetcher.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

大人になんかなりたくない
http://timefetcher.blogspot.jp/2016/02/blog-post_13.html

新成人 (2016)
http://timefetcher.blogspot.jp/2016/01/2016.html

大学新入生諸君へ (2015)
http://timefetcher.blogspot.jp/2015/04/blog-post_20.html

新卒社会人の皆さんへ (2015)
http://timefetcher.blogspot.jp/2015/04/blog-post_55.html

新成人 (2015)
http://timefetcher.blogspot.jp/2015/01/2015_12.html

就職活動 - 変な企業は避けなさい
http://timefetcher.blogspot.jp/2014/06/blog-post_9.html

大学生が居眠りする理由
http://timefetcher.blogspot.jp/2014/05/blog-post_29.html

勉強する理由はたぶんこういうことなんだろう
http://timefetcher.blogspot.jp/2014/03/blog-post_3794.html

日吉キャンパス
http://timefetcher.blogspot.jp/2014/02/blog-post_24.html

新成人 (2014)
http://timefetcher.blogspot.jp/2014/01/2014.html

愛の新卒採用
http://timefetcher.blogspot.jp/2014/01/blog-post_9.html

学ぶということ
http://timefetcher.blogspot.jp/2013/07/blog-post_18.html

造る、繋ぐ、稼ぐ、寄生する
http://timefetcher.blogspot.jp/2013/06/blog-post_18.html

就職活動の基本 - 「誰が」 ではなくて 「何が」 「何を」
http://timefetcher.blogspot.jp/2013/03/blog-post.html

お願いだからちゃんと理解してくれよ!学生諸君!
http://timefetcher.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

新成人と新世界 (2013)
http://timefetcher.blogspot.jp/2013/01/blog-post.html

Tomorrow's Dream - 未成年諸君へ
http://timefetcher.blogspot.jp/2012/03/tomorrows-dream.html

成人式 (2012)
http://timefetcher.blogspot.jp/2012/01/blog-post_14.html


以上

謝辞

ここに提示の記事は、いずれも私自身の判断責任のもと編集・投稿したものです。

大半の投稿は学生など若年層向けを意図してやや平易な表現にて、通俗性は極力回避しつつ、論旨の明示性を重視しつつ書き綴りました。あわせてまた、社会人の皆様にお読み頂くことも想定しつつ、汎用性高い観念知識を相応に動員しながら記した積もりです。

私なりの思考着想によるささやかな閃きが、皆様の諸活動にて何らかの光源たり得れば、望外の喜びであります。

山本